様々な商品に使えるラベル印刷は専門業者に依頼しよう

オペレーター

自社内でおこなうラベル印刷のデメリット

モニターチェック

一旦作って実際に使用したデータから印刷ラベルを作成するのは簡単ですが、新しいラベルが必要になるたびにデータを作成し、きちんと印刷テストをしてから使うのは非常に手間がかかります。
差し込み印刷など手間を短縮するための方法はありますが、改行や敬称の変更、全体的な体裁の整理など人の目と手を必要とする作業が多く、効率の良い作業とは言えません。
また、既成データのラベルを社内で大量に印刷する場合でも、プリンタの設定が煩雑だったり、プリンター内部でインクが固着して不具合や故障を起こすなど、手間がかかり、かつリスクの高い業務だと言えます。
それらの手間や面倒が積み重なり、会社内で、毎日の業務内での時間やコストを少しずつ無駄にしてしまってはいないでしょうか。
それらを解消する手段として、ラベル印刷の専門業者に依頼するという手があります。
専門業者はラベル印刷を安価に大量に効率的に行うための専門のシステムを備えています。
専門業者に外注することにより、業務効率の改善や人件費の節減、そして、プリンターにかける設備投資の費用も少なくすることができます。
社内の改善提案として、一度ラベル印刷を専門業者に依頼してみてはどうでしょうか。


最新情報

オフセット印刷

形によってさまざまなラベル印刷

ラベル印刷について、業者に依頼すると、さまざまな形を選ぶことができます。シールのデザインや、変わった形を依…

more
モニターチェック

自社内でおこなうラベル印刷のデメリット

一旦作って実際に使用したデータから印刷ラベルを作成するのは簡単ですが、新しいラベルが必要になるたびにデータを作成し…

more
製本見本

ラベル印刷なら業者に頼んだほうが割安

小物などを製作し販売したいと思った時、包装や外観もかわいく仕上げたいと思いますよね。そんな時、可愛いラベル…

more

新着情報

TOP